« DISCO de GIMBAL | トップページ | AlexMosアプデ Ver2.0b »

2013年5月11日 (土)

OSXでOpenSourceBGC GUIの動作手順

メールでご質問いただいたので、OSXでOpenSourceBGCのGUIを動かす手順を軽くエントリ。
そもそもはWin7での接続エラーが発端なのだけど、そちらの対策は末尾に記載。

Disco_bgc_gui_2

手順は続きから。

  1. ActiveStateからAcriveTcl 8.5.14.0をダウンロードしてインストール
    http://www.activestate.com/activetcl/downloads

    Activetcl_2

  2. _48GUI/GUI/bl-tool2_048_AHa.tclをダブルクリックでWishを立ち上げる

    Guitcl

    なぜダブルクリックするかというと...
    Wish.appはこんな奥深くにインストールされてて辿り着くのが面倒だから

    Wish4

  3. メニューからFile→Source

    Wish1

  4.  
  5. 先ほどダブルクリックした"bl-tool2_048_AHa.tcl"をOpen

    Wish2_2

    ※Open前にコントローラーボードをUSB接続しておくこと。

  6. 48GUIが実行される

    Wish_48gui

  7. Connectをクリックしてステータスがグリーンになれば接続完了

    48guiosx

かんたんでしょ?


Win7でGUIに繋がらない(読み込み途中でスタック)問題やファーム書き込みが失敗する(エラーメッセージ/avrdude: stk500_getsync(): not sync: resp=0×--)問題が多発してるみたい。
ボクの場合は上記に加えさらに最悪で、ブートローダーを焼くこともできなかったわけだ。
大体はポートかドライバーの問題と思われるのだけど、面倒くさいことはさておき、以下で解決できればラッキーなのでお試しあれ。

  • VCPドライバーを最新の2.08.28から2.08.24に落とす。
  • COMポートに繋がっているBT機器をオフにする
  • Baudrateを11520以上にする
  • ドライバーを全部消す
  • ブートローダーの焼き直し

上記がダメで、OSX環境がある人は最後の一手。というか、OSX環境な人はもちろん最初からOSXで良い。
OSXのArdiunoでファームを書き込み(ダメでも何度もトライしてみて)、ファーム書き込みが成功したら、続きはこのエントリをご参考にどうぞ...

|

« DISCO de GIMBAL | トップページ | AlexMosアプデ Ver2.0b »

コメント

どなたか分かりませんが、ナイスな質問にmacユーザーの私も助けられました。
ジンバルには組み込んでいない状態ですが、センサーを傾けるとプルプルと震える姿に感無量です!

貴重な情報ありがとうございます。

投稿: shinji_y | 2013年5月14日 (火) 23:42

>shinji_yさん
早速お役に立って良かった(笑)
次は組み込みからの飛行ですね〜

投稿: hightimes247 | 2013年5月15日 (水) 01:15

初めまして。zeroと申します。
いつも参考にさせて頂いております。

macで48GUIが起動するところまでは出来るのですが、基盤にUSBを接続しコネクトを押してもグリーンになりません。

Serial-Error: @115200 not connected

ドライバーの関係だと思いますがいかでしょうか?

投稿: zero | 2013年7月28日 (日) 11:44

>zeroさん
すいません、わかんないです。
"Serial-Error"なのでしょう、としか。
ボードとMacはGUI起動前に接続されてますか?

投稿: hightimes247 | 2013年7月28日 (日) 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304907/51578411

この記事へのトラックバック一覧です: OSXでOpenSourceBGC GUIの動作手順

:

« DISCO de GIMBAL | トップページ | AlexMosアプデ Ver2.0b »