« F450×YUN-1×AlexMos TestShoot | トップページ | Brushless Gimbal DISCO完成 »

2013年4月30日 (火)

そろそろAlexMos Update Firm1.4β1

GW入ったけど今日は天気が芳しくないので、本日2本目のエントリ。
ココ最近あまりにヘリネタばかりなので、別のインターネッツを立ち上げようかと思案中な今日この頃

近々予定されてる、AlexMosのファームアップデート、かなり大きな変更内容ですね。
すでにβ版を使ってる人もいるみたいで、Firmware1.4で予定されてる内容はざっとこんな感じ。

 


  • GUIの刷新
  • 設定ファイルのセーブ/ロード
    複数のカメラを使い分けたり、DSLRで複数のレンズ使うときには便利!
  • IMUの方向/感度のセッティング
    コードの向きも上下も自由に付けられるようになる。
  • PWN切り替え[high/Low]
    PWNをHigh設定にするとノイズが聴こえなくなるけど、大きなモーター以外での使用、GoPro等の小さなカメラには向かない。
  • RCの3SWによるコントロール
  • メニューボタン(現リセットボタン)への機能割り当て1-5クリック/長押し
    セッティングデータプリセットx3, CalibrateACC,
        RC機能切り替え-Pith⇔Roll/Yaw⇔Roll, リセット
  • GUIからのファームアップデート
 
セッティングデータを3種類コントローラーに保存しておいてPCレスで読み込めるのは、複数カメラ使う人とか、DSLRでレンズ遊びする人なんかにはかなり便利な機能になりそう。RCでのリモート切り替えってのも男心をくすぐるw
ボクは現状はHEOR3しか使っていないので、無風/強風/手持ち?ぐらいのセッティングしか使い道ないですけど。
そのうちM4/3とか5D2とか積むかもしれませんし、そうなるとレンズごとにセッティング要りますしw
変更内容やセッティングはこちらで紹介されてます。
 
試してみたいと思って1.4β探したけど見つからなかったdeath...

そうそう、近いうちにYaw軸も実装されるってかなりビッグなアプデもあるようなのでそちらも楽しみ!ちなみに、現状のAlexMos boardと完全互換!
 
Alexご本人による3AXIS AlexMosフッテージ↓



3軸OKになると、また一歩DIY MōVI M10/MRのお目見えが近づくのな

|

« F450×YUN-1×AlexMos TestShoot | トップページ | Brushless Gimbal DISCO完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304907/51438336

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろAlexMos Update Firm1.4β1:

« F450×YUN-1×AlexMos TestShoot | トップページ | Brushless Gimbal DISCO完成 »