« ベアリング・バトルロワイヤル | トップページ | F450×YUN-1×AlexMos TestShoot »

2013年4月23日 (火)

Brushless Gimbal DIY

YUN-1でブラシレスギンバルがどんなもんか、てのは分かった。

Yun1f450_1
(脚換えてみた。85gの軽量化)

そこで、Discovery用にミニマルなブラシレスジンバルをDIYしちゃおう!
てな計画。

Disco_gopro 
東のAlexMosに西のOpenSourceとはよく言ったもので。え?誰も言ってない?
 
現在、DIY用に手に入るBGC(Brushless Gimbal Controller)は2種類。
YUN-1にも積まれてるご存知、ロシア発のAlexMos 。そして、ポーランド生まれドイツ育ちのOpenSourceProjectBGC
OpenSource BGCといえば、Martinez Boardが有名になってるけども、Martinezさんはあくまで基盤設計して製品化した人で。大元のハード/ソフトウェア開発はLudwig Färberさんを中心に他2名がやっていらっしゃる。
 
コントローラーボードはMartinez Boardを筆頭に、BruGi AIO、RC Timer、名もない中華製と色々出てきてるけど、基本的に中身はどれも同じ構成(のはず)

ボクも!私も!自分ブランドなボード作りたい!
って人の為に、部材のリスト回路図置いときますね(笑) だいたい3000円以下で作れます。
ま、先月から中国でじゃんじゃん量産始まってて(オープンソースなのでやりたい放題)、eBayでもどこでも安く買えるので、ボード自作なんて変態はいないと思いますが(笑)

で、DIY用にボードとモーターをポチっと手配。

Gimbalcontroller Bgmotor_2

目標はGW中にはDISCOに積んでテストフライトまで持っていく、ってことで。

|

« ベアリング・バトルロワイヤル | トップページ | F450×YUN-1×AlexMos TestShoot »

コメント

ブラシレス2台体勢ですね!
すげーです。進捗楽しみにしております。
私のDIY計画前進せずです(笑)

投稿: shinji_y | 2013年4月23日 (火) 14:53

>shinji_yさん
コントローラーとモーターをゲットすれば、あとはホムセンでどうにでもなると思いますよ〜!(と煽ってみるw)

投稿: hightimes247 | 2013年4月23日 (火) 21:58

煽られてみようと思いましたが、ジンバル(モーター)セットとボードも魅力的ですね。
ペイロードが500gなのでモーターの重さが気になる所です。

投稿: shinji_y | 2013年4月23日 (火) 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304907/51335986

この記事へのトラックバック一覧です: Brushless Gimbal DIY :

« ベアリング・バトルロワイヤル | トップページ | F450×YUN-1×AlexMos TestShoot »