« BASE CAMP | トップページ | ナニゴトも意識から »

2011年7月 6日 (水)

文は人なり

“The style is the man (himself).”

なーんてカッコいいこと言ってくれたのは、フランスの博物学者、ビュフォン侯爵。実際には英語じゃなくてジュテームなフランス語だったんだろうけども。
日本語だと「文は人なり。」
これまたキレがあって渋い言いまわしで格好いいよね。

文体ってほんとにその人のキャラクターを表すよなぁ。って、しみじみ思うんです。多かれ少なかれ、文体と本人のキャラがばっちりハマる所ってあるもんだよね。

ボクの場合はどうなんだろう?
このブログからどんな人物像をイメージされているんだろう。
文体のイメージと実際のボク。合致するのかギャップが大きいのか。
こればっかりは、自分じゃわからない。

ちなみに、仕事電話の受け答えはかなり丁寧な部類。電話後に初めて会うと、「イメージとちょっと違いました〜」って恐ろしいものでも見るような目で言われます。

もーほんと失礼しちゃう。

ということで、バイクネタを書くつもりがのっけから脱線したので、今日は終了。

|

« BASE CAMP | トップページ | ナニゴトも意識から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304907/40660906

この記事へのトラックバック一覧です: 文は人なり:

« BASE CAMP | トップページ | ナニゴトも意識から »